消費者金融のデメリット

お金24時間申し込み可能で、契約できてカードが来れば、24時間いつでも必要なときにお金を借りることができるという魅力を持っている消費者金融は、昔よりもずっと多くの方が気軽に利用されています。
中には○日以内に全額返済すれば金利無料というサービスを行っている所もあるので、使いようによっては非常に便利です。

契約がスピーディで審査も銀行ほどきつくない、銀行で断られた方でも融資可能という事も多い消費者金融ですが、デメリットも知っておくべきです。

一つは金利が高いという事、これにはわけがあります。
何も儲けようとして金利を上限切キリまで上げていることではないのです。
消費者金融の貸付は、基本的に無担保、無保証人です。という事は保障がどこにもないのです。
その方の経済状態や返済の履歴、過去に債務整理など金融トラブルにあったことがないかなど調べ、信用して貸付するという事になります。

そのため、もしも、借り入れをした人が支払できなくなった場合、その保険として金利が高くなっているのです。
また長期の返済になるかもしれないという事も考えておくべきです。消費者金融の場合、最小支払額が低く設定されていることが多いので、返済が長くなっていくことが多いのです。これは返済の負担が小さいというメリットにもなりますし、返済が長期になるというデメリットにもなる事です。