銀行と消費者金融

Posted In: 未分類 |

消費者金融はお金を貸付してくれる専門業者です。銀行などと違って投資商品などを販売する事もなく、その他の商品を提供する事もありません。お金が必要な方に現金を貸付する専門業者です。

 

銀行などについては、ローン商品などもありますが、消費者金融とは大きく違い法律も銀行法に沿って営業しています。消費者金融は貸金業となりますので法律も全く違います。総量規制は消費者金融などの貸し付けの際に有効となる事で、銀行はこうした総量規制の法律の影響を受けることなく、貸付する事が出来ます。

 

但し、銀行等で借り入れを行ったことがある方は非常に面倒というイメージが強いでしょう。審査が厳しく提出書類も非常に多いです。貸付する場合に、最近は自由ローンの商品もありますが、教育ローンなどは目的の費用に利用する見積もりや領収書などを提出しなければならないという面倒な点があります。

 

最近は銀行でもスピーディに契約してくれるところが出てきていますが、そういったローンの金利を見ると、消費者金融系の金利とあまり大差ないと感じる事も多くなっており、やはりこうしたことを考えると消費者金融の方が急ぎで借入したい時はメリットが大きいと感じます。どのような事にメリットあるのか理解しておくと、いざという時役立ちます。



銀行と消費者金融 はコメントを受け付けていません。