消費者金融のイメージは変わった

Posted In: 未分類 |

消費者金融というと、昔は利息がかなり高く返済が出来ないと督促なども厳しく怖いというイメージがあったのですが、法律改正などがあり、消費者金融の金利についても上限がつき、どの消費者金融もその上限を守る契約による貸し付けを行うようになってきています。

 

総量規制によって、借入は年収の1/3までという事になりましたが、これも借り過ぎを抑制するための法律で貸し付けを利用する方を保護するためのものです。総量規制ができるまでは、消費者金融をいくつも利用し、借りられるだけ借りてしまった方が多重債務という状態になり、返済のための債務となり、結果、最終的に支払う事が出来る自己破産、また任意整理を行う方が多くなりました。

 

任意整理や自己破産などを行うならまだいいのですが、保証人が要る等事情があり自己破産等の処置が出来ない方は、結果、悪徳消費者金融、いわゆる闇金から法外な利率で借金を背負い、終わらない支払に追われ、最終的に自ら命を落とす方もいました。こうなる前に、総量規制という法律で借り過ぎを抑制し、支払不能状態になる前に、任意整理また今の生活を見直すなど、枠を作ったのです。

 

こうした法律改正によって消費者金融の中には、債務整理や自己破産など債務トラブルが続き、結果、消費者金融側が倒産するという事も多くなりました。現在は、法律に沿って貸し付けを行う消費者金融がほとんどで、090金融等に手を出さなければ、大きなトラブルなく利用できるようになってきています。

 

当サイトは消費者金融は現在、以前とは大きく違うということ、また急ぎで現金がどうしても必要な場合に、非常に強い味方になってくれること、ただ借りたお金はきちんと返済することが必須という事を皆様にお伝えします。情報として利用してくだされば幸いです。



消費者金融のイメージは変わった はコメントを受け付けていません。